「水素・燃料電池バレー」をめざして

先進の次世代
Share
最終更新日: 2022.10.13

「水素・燃料電池バレー」をめざして

先進の次世代
Share
最終更新日: 2022.10.13

「燃料電池」とは、水素を燃料にして空気中の酸素と電気化学反応させる際に生まれるエネルギーを使って発電する装置のことです。
水素は再生可能エネルギーなど多様な一次エネルギー源から製造できること、利用時に水しか排出しないことなどから、究極のクリーンエネルギーともいわれ、燃料電池を活用することでエネルギーの高効率な利用が可能で、エネルギー消費量や環境負荷の低減に大きく貢献することが期待されています。

水素で変えよう!山梨の環境 ~山梨県が頑張っていること!~|COOL CHOICE:山梨県

山梨県では水素・燃料電池関連産業の集積地「やまなし水素・燃料電池バレー」をめざして、関連産業の集積・育成や、普及啓発活動などさまざまな取り組みを行っています。

山梨県/「水素・燃料電池バレー」をめざして

https://www.pref.yamanashi.jp/miryoku/waza/nenryodenchi/index.html

山梨県/やまなし水素・燃料電池ネットワーク協議会

https://www.pref.yamanashi.jp/seichosangyo/network.html

山梨県における水素利活用に向けた取り組み(PDF)

https://www.env.go.jp/seisaku/list/ondanka_saisei/lowcarbon-h2-sc/events/PDF/shiryou04.pdf

やまなし水素・燃料電池バレーの創出に向けた山梨県の産学官連携|2021年4月|産学官連携ジャーナル

https://www.jst.go.jp/tt/journal/journal_contents/2021/04/2104-04_article.html

中東の砂漠で水素製造 技術最先端の山梨県がシステム売り込み – 産経ニュース

https://www.sankei.com/article/20210505-DRKPITYA4FP55FLL5C23ZJMIEQ/

Topへ戻る

人気の
記事RANKING

2022.10.20
#農業・林業・畜産業
「育ててくれた富士河口湖の森に恩返ししたい」森と暮らす木工職人・吉野 崇裕さん
2022.03.09
#P2G(Power to Gas)
P2G(Power to Gas)システム技術開発について
2022.11.21
#TRY!YAMANASHI!
ドローン物流の「山梨モデル」、全国へ羽ばたく。きっかけになったのは「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート」
2022.10.20
#グリーン・ゾーン
修学旅行人気ランキング2位に急上昇、山梨県内企業の倒産率が日本一低い県に…「やまなしグリーン・ゾーン認証」がもたらした成果とは
2022.11.24
#子育て
託児しながらスキルアップ!山梨県都留市のファミリー・サポート・センターで新たな取り組み

おすすめの記事PICK UP

2022.11.30
#取材
山梨県庁別館
コロナ対策に県民の72~88%が高評価、日常に戻るための緩和施策についても64〜77%がポジティブな解答 県民の意見反応を分析し、今後の県政に反映へ
2022.11.24
#子育て
託児しながらスキルアップ!山梨県都留市のファミリー・サポート・センターで新たな取り組み
2022.11.21
#TRY!YAMANASHI!
ドローン物流の「山梨モデル」、全国へ羽ばたく。きっかけになったのは「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート」
2022.10.20
#農業・林業・畜産業
「育ててくれた富士河口湖の森に恩返ししたい」森と暮らす木工職人・吉野 崇裕さん

キーワード検索